合宿は1日のスケジュール内容が多い

合宿で免許をとるスケジュールとはどんなものか

免許を合宿で取る場合、短期集中で行われるため、1日のスケジュールがある程度決められています。ここでは入学から卒業までの全体のスケジュールをはじめ、1日における午前のスケジュールや、午後のスケジュールを紹介します。

入学から卒業までのスケジュール

合宿の全体的なスケジュールについては、まず入学初日に「適性検査」が行われ、その後に学科や技能の教習が始まります。そして1週間ほどで仮免許を取得するための「学科試験」が行われ、さらに「卒業検定」に向けての教習が行われます。合宿の期間は2週間程度であるため、仮免許の学科試験を境に前半の1週間目と、後半の2週間目に分けることができるでしょう。また、技能教習の時間数については、仮免学科試験までの1週間は1日2時間までとなっているため、時間に比較的余裕があると言えます。しかし後半の2週間目に入ると、技能教習の時間数が3時間までに増えるため、前半の1週間目に比べると多少は自由時間が少なくなると言えます。

午前のスケジュール

合宿では、朝早くから教習が開始されるため、その時間に合わせて起床する必要があります。一般的には7時?9時までに起床しなければならないという場合が多く、さらに全員集まっての朝礼が実施される教習所もあるため、そのような場合は時間に遅れないよう気を付ける必要があります。朝食に関しては、好きな時間に食べに行ける場合や、時間が決まっている場合があるため、あらかじめ、自分の申し込んだプランの内容を確認しておくようにしましょう。さらに教習については、9時頃に始まるという場合が多く、遅刻すると教習が受けられなくなる場合もあるため、遅れないように十分注意する必要があります。また、午前中の教習スケジュールは12?13時あたりで終了になります。

午後のスケジュール

まず昼食の時間については、1時間半~2時間程度とたっぷりとられている場合が多く見られます。ですので、食事を終えた後に、午前に行われた教習の復習をしたり、または午後の教習に向けての予習をすることもできるでしょう。午後の教習スケジュールは、昼食後から18時、あるいは19時あたりまでという場合が多く見られます。また、仮免許の学科試験が終わった後の2週間目には、午後の時間いっぱいを使った「応急処置講習」が行われる日が1日だけあります。そして1日の教習が終わった後は、夕食の時間になり、教習所や合宿を行っている宿泊施設などで食事を摂ります。さらに夕食が済んだら、その後は基本的には自由時間となるため、勉強の時間に充てられるほか、本を読んだりゲームをしたりすることができます。