合宿は3週間のスケジュールが必要

合宿で免許を摂るためのスケジュールについて

免許を合宿で取る場合、そのスケジュールはオートマチック免許で最短14日・マニュアル免許の場合は16日で取れる場合がありますので、学生の春休み・夏休みや社会人で長期休暇が取れた際に通ってみると良いでしょう。

交通費の負担があって安心

普通自動車免許の合宿免許はオートマチック免許で14日・マニュアル免許で16日という最短スケジュールで取得する事が可能です。
入校までの流れとしては、合宿の免許予約サイト・合宿免許チラシを見てから電話連絡・合宿免許が受講できる教習所への直接連絡といった手段で予約する事が可能であり、クレジットカードでの決済(一括・リボ払い)・銀行振り込みによる支払いが確定してから教習所に通う事が決定します。ルールとして住民票の近隣教習所には通えないので、遠方に通うのが合宿で免許を取る特徴と言えますが、往復交通費に関しては上限規定があるものの新幹線・高速バスといった費用を出してもらう事が出来るので、移動に関してのお金は気にする事はないでしょう。

入校と第一段階のスケジュール

合宿免許の入校から第一段階のスケジュールは、初日の昼前後までに公共交通機関で教習所に移動し、午後からは入校式・合宿の際のスケジュールや注意事項の説明・適性検査を行います。入校の際に必要なのは住民票・印鑑といった持ち物が必要となりますので、入校日前日までにしっかり準備しておくと当日は慌てる事無く出発が出来るでしょう。その後は第一段階の最初で行う運転シミュレーターを使って、自分がどんな運転をしているかや運転席から見える視界等を確認して、ドライバー心理・歩行者心理を学習して技能教習への備えを行います。学科教習は運転の心得や技能教習で必要な交通法規を学びますが、卒業後の運転で必要な事ばかりですので全てを真面目に学んでおきましょう。

仮免許試験と卒業試験までの流れ

合宿で免許を取るための最初の山と言えるのが、第一段階から第二段階に移るための仮免許試験。学科試験はマルかバツで答える答案となっているので、学科教本や試験対策が出来る教習所内の端末を有効活用して一発合格できるように努力し、実技試験はメリハリのある加速・停止・坂道発進といった基礎事項がメインとなります。それに合格した後は、第二段階に入って公道がメインの路上教習と経路設定・ディスカッション・救命講習等がある学科教習が行われ、路上試験・最終学科試験(ひっかけ問題に注意)に合格すれば晴れて合宿免許は卒業です。
なお、各都道府県の免許センターでの最終試験を受験する事を考慮すれば、入校から試験までのスケジュールは3週間を確保しておくと余裕を持って技能教習や各試験に臨めるでしょう。