短期スケジュールで卒業できる免許の合宿

スケジュールが事前にわかっている合宿での免許取得について

合宿で取る免許は、技能の延長や再検定が無ければ卒業までのスケジュールがほとんどわかるようになっているので、最終試験の事を考慮しても3週間の連続した期間を空けておけば問題なく普通自動車の免許が取得できるでしょう。

免許の為に合宿用のスケジュールを空けておきましょう

合宿免許は高校から大学に進学する際の節目の人や、大学生の春休み・夏休み・冬休みといった長期休みが取れる方、フリーターやスケジュールが空いている若者に特に人気が高まっており、各都道府県に設置されている免許センターでの試験を考慮しておくと最低でも3週間の時間を確保していれば普通自動車免許を取得できるでしょう。なお、合宿の免許に通う期間は約2週間前後となっており、通常の教習所と同様に第一段階の技能・学科と仮免許試験、その後は第二段階の技能・学科・学科試験・路上検定に合格した後に卒業となります。なお、合宿に通う教習所は自宅からは遠方となっているので、数日前から余裕を持って荷物や証明書類の準備をしておく事をおすすめします。

第一段階の流れ

免許の合宿用スケジュールは、入校式・適性検査・先行の学科・技能が行われた後に技能と学科の教習を入れていく事が一般的であり、教習所内のコースである坂道・踏切・S字・クランクといった道路の特徴を実際の運転で学んでいき、学科では道路交通法を始めとした交通法規やマナーを勉強します。その両方が終わると技能の修了検定(事前に効果測定も受験)・仮免許学科試験が行われ、それに合格すると第二段階へと進む事が出来ます。技能に関しては運転のコツを掴んでおけば問題なく合格できますが、不得意分野が出来てしまう可能性もあるので、教官にハンドルを切るタイミングや半クラッチの方法を聞いておくと苦手が克服出来て一発で修了検定に受かります。

第二段階と最終試験

仮免許が交付された後は第二段階に進みますが、遠方の合宿免許の教習所で学ぶので道路を覚える時間をしっかり確保しておく事が大切です。公道の技能教習である経路設定・高速道路教習・最終の卒業検定では道を覚えておかないと運転で焦ってしまうからであり、スマートフォンの地図アプリで調べておけばイメージトレーニングが出来るので、第二段階に移ったら毎晩チェックしておきましょう。
第二段階の技能・学科の教習が終わった後のスケジュールは効果測定や卒業検定という流れで進んでいき、検定では路上のコースを間違わないで運転する事が大切です。間違ってしまった場合は教官に申告して元の道順に戻る修正をするようにしましょう。
卒業検定に合格すれば晴れて免許センターでの最終試験となりますが、学科は90点以上取らないと不合格になってしまうので合宿中に参考書を使って学科対策をしておくと1発合格出来ます。